2011年4月12日

助け合いの気持ちを現地へ/東日本大震災(2011.4.8)

第一次緊急支援物資を被災地へ

3月末に緊急支援物資の要請が対策本部から届き、相模原支部からも、ブルーシート、乾電池、発電機などを届けました。

 宮城県労へ物資を届ける

義援金を宮城県労へ

瓦礫の山に

1組合員1千円以上を目指し被災者支援救援カンパ

神奈川土建本部では、「東日本大震災神奈川土建本部」を立ち上げ、義援金募金に取り組むことにしました。4月から6月を集中機関として、行ないます。ご協力よろしくお願いします。

物資を集め、被災地へ(麻溝台分会)

助け合いの物資を被災地へ
被災地にむけ、援助物資を集めようという話が分会五役で話題になり、群会議で参加者に声かけをしました。
相模原市の情報を確認し、当面必要とされている緊急物資(靴下、下着、レトルト食品など)を集め、相模原市へ提供してきました。
今回、群会議でみんなに物資依頼の声をかけてから短い準備期間でしたが、多くの組合員さんが、物資の提供をしてくれました。中にはわざわざ買って出してくれた人もいました。麻溝台分会の仲間の心の温かさに感謝します。

【2011年4月12日】

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.