2011年8月9日

必ず復活に確信~まだまだ支援の手を~(2011.8.9)

被災地でボランティア

【32歳・大工】
 今回、青年部からの呼びかけがあり、ボランティア活動で宮城にいきました。やはりニュース映像で見るのと実際に行ってみるのとでは、印象が全く違いました。
 震災から4カ月以上経ち、だいぶ片付いてきているのかと思っていましたが、まだまだやることは山積みでした。住宅地だった場所は津波で破壊され、とても悲しい気持ちになりました。
 ボランティア活動は、普段現場でやっている仕事とは違いますが、それでも力仕事やチームワーク、神奈川土建は多少なりとも活躍できたんじゃないかなと思います。また、私が会った地元の方々は、みなさん親切で前向きでした。
 時間はかかるでしょうが、必ず復活すると思います。しかし、そのためには、被災地にはまだまだ様々な問題があること、様々な支援が必要なこと、そういう情報を伝えることが大事だと感じました。

全建総連「東日本大震災支援対策本部」

【2011年8月9日】

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.