2007年10月27日

今月間の目標達成で史上最高の峰2715人を超えよう

あらゆる手立てと行動で史上最高の取り組みを

 9月1日から取り組まれた07年秋の組織拡大月間もいよいよ20日間となり、これからが相模原支部の目標達成にむけて本当の正念場になりました。仲間のみなさんの大奮闘で、相模原支部史上最高の峰2715人を超える相模原支部の歴史的瞬間を迎えています。

 今取り組まれている秋の組織拡大月間で、すべての分会で目標達成をし、支部目標を達成させることで、史上最高の峰をみなさんと一緒に超えることができます。支部役員、書記局を先頭に、すべての組合員、家族のみなさんと力をあわせ、11月15日までの秋の組織拡大月間を取り組み、そして、支部目標達成のために、最後までともにがんばりましょう。

出来ることからコツコツ歓迎

●神奈川土建に入っていない仲間に神奈川土建のパンフレットをお渡しください。
●自分では説明できないけれど、説明に行って欲しい人をご紹介ください。
●土建ポスターを自宅フェンスや事務所、作業場に張り出してみませんか。
●外注さんや協力業者のみなさんをご紹介ください。組合のパンフレットを郵送します(説明に行って欲しい場合は、役員や書記局が伺います)。
●従業員さん、職人さんを組合を紹介していただき、加入をおすすめください。

組合員になるだけでもメリットたくさん

●神奈川土建の健康保険に入らなくても組合員になれます。
 組合員になるだけで、組合共済の対象になります。病気入院給付が、9月から6,000円/日に増額されました。

●スケールメリットをいかす
 組合員になることで、自動車共済やどけん火災共済、総合賠償保険など組合のスケールメリットを活用。多くの仲間が入っている組合だからこそ、保障を落とさず経費削減がはかれます。

●顧問弁護士の無料法律相談

●スペシャリストが対応
 労働保険や雇用保険、建設業許可や資格取得、法人設立や税金相談など、仕事とくらしのスペシャリストの書記局が対応。

●紹介していただく人は相模原市外でもかまいません。

入るなら神奈川土建へ

 多くの建設組合がある中で、神奈川土建が県内最大の建設組合。東京土建、埼玉土建、千葉土建の兄弟土建をあわせると約26万人の建設従事者が首都圏で加入しています。共済制度も充実し、大きい組合は入って安心。神奈川土建への加入をみなさんにおすすめします。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.