2012年1月31日

首都圏建設アスベスト訴訟~誰もが発症する危険性

首都圏建設アスベスト訴訟は、提訴から3年半、1月13日に結審になり、今春、判決を迎えます。今もアスベストに苦しんでいる仲間、亡くなられた仲間、そしてご家族のみなさんの思いをしっかりうけとめ、最大限の取り組みをすすめています。

【アスベスト被害者全面救済へ】

いま、各地で、国とアスベスト建材企業を被告として、「アスベスト被害の全面救済」を求めて、アスベスト被害者と遺族が提訴しています。全国に先駆けて、横浜地裁で今春、判決を迎えます。

【首都圏建設アスベスト訴訟とは・・・】

 国とアスベスト建材企業を被告として、2008年5月と6月に東京地裁と横浜地裁に対し、肺がん・中皮腫・石綿肺などのアスベスト被害者(建設業従事者)と遺族の計212名が提訴しました。さらに、2010年4月23日には東京地裁と横浜地裁にあらたな被害者176名が第2次提訴をしています。第1次訴訟と第2次訴訟の計388名の被害者のうち、すでに200名以上が亡くなっています。まさにアスベスト被害の重大性を示しています。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.