2008年1月10日

080101 3000人支部をつくる足固めの一年に

あけましておめでとうございます

菊地執行委員長

 組合員、ご家族のみなさまには、組合活動に多大なるご支援、ご理解、そしてご協力をいただき、ありがとうございます。年頭にあたり、心よりあつくお礼申し上げます。
 昨年も、私たち建設産業で働く仲間にとって、たいへん厳しい年でした。長引く不況により、不払いや単価の切り下げ、建築確認の問題、そして容赦なくかかってくる税金。そんな中でも私たちは、組織を増やし、組織を強化しながら、押し寄せてくる波をはね返してきました。
 私たちの命綱である建設国保を守るために、国からの補助金を要請する「要請はがき」、そして、仲間の代表が日比谷野外音楽堂で集会をひらき、各政党からの代表者が来賓として参加しました。
 また、キャンプ座間を抱える相模原支部として、平和に対しては大きな行動をすすめました。昨年十二月の座間谷戸山公園の集会には、相模原支部からも多くの仲間が参加しました。集会参加だけではなく、九条の会や勤労者通信大学などの学習も大いに力をいれ取り組みました。
 仲間の大奮闘で、昨年は多くの新しい仲間を組合に迎え入れることができ、平成5年支部大会以来の相模原支部史上最高の人員二七一五人を超えて新年を迎えることができました。すべての組合員さん、ご家族のみなさんと、新しい歴史の一ページを刻むことができました。
 今年も仲間にとっては厳しい情勢が予想されますが、各分会でも、そして青年部や主婦の会でも新しいうねりが巻き起こっています。この力を、くらしや仕事にいかしていくために、全力で取り組みます。
 組織拡大と仲間の大運動こそが「情勢を変え、要求を実現する力」であることに確信をもって、ともにがんばりましょう。

執行委員長 菊地武房

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.