2013年3月22日

かあちゃんの目

毎月、主婦の会の会員さんが、書いています。

私たちのように、個人経営者の老後の生活は、国民年金一本に関わってきます。1月に60歳の誕生日を迎えました。つい先日、国民年金納付終了のハガキが自宅に届きました。年金生活になるのかと、ちょっと寂しい気もしますが、将来の不安も募ってきます。何十年も掛けてきたのに、かけただけの金額を受給できれば、多少安心なのですが…。年金制度も矛盾だらけですよね▼建設業にも、経営の波があります。工事代金の不払いにあったり、取引先の倒産など、今まで何回もありました。一生懸命働いて、税金などもきっちり納めて、貯蓄などはごくわずか。年金生活を迎えるまでは、健康に気をつけて仕事をし、安心して老後を過ごせる世の中になってほしいと願います。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.