2008年7月1日

080630首都圏建設アスベスト訴訟支援横浜大集会

アスベスト被害根絶と被害者全面救済へ

私たちは、政府とアスベスト建材製造企業が、その責任を認め、被害者の全面的な救済とアスベスト被害の根絶のために、次のことを直ちに要求します。

1、「石綿の健康被害の救済に関する法律」を、すべてのアスベスト被害者を対象とし、十分な救済が受けられるよう抜本改正すること。

2、国・石綿含有建材製造企業の拠出で、アスベスト被害者を対象にした「被害者救済基金」を設立すること。

3、アスベスト被害の対象疾病に胸膜肥厚斑を加え、疾病が進行した場合、すみやかに補償する制度を「被害者救済基金」のなかにいれること。

4、石綿障害予防規則を抜本改正して、近隣住民と建設現場従事者のばく露防止対策を徹底すること。

5、労働安全衛生法を改正し、アスベストばく露が判明した一人親方労災加入者に石綿管理手帳を交付し、併せて、指定医療機関を限定しないこと。

6、アスベスト被害者の労災保険認定要件を緩和し、給付額の改善を行なうこと。

7、アスベスト疾患の診療体制を拡充し、治療方法の研究をすすめること。

8、アスベスト廃棄物の除去、処理費用を、企業と国・自治体が発注者に助成すること。

001.jpg

アスベスト集会②

アスベスト集会③

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.