2014年4月9日

子育て世帯臨時特例給付金(相模原市)

消費税増税負担に対してあまりにも小さな影響緩和策

4月から消費税が8%に引き上げらました。政府は「子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から臨時的な給付措置とし行うものです。」として子育て世代臨時特例給付金を支給します。消費税増税負担に対してあまりにも小さな影響緩和策ではありますが、申請主義方式なので、申請しないと受給できません。

給付対象者は基準日(2014年1月1日)における2014年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない人が基本で、給付額は対象児童1人につき、1万円です。
申請手続きの申請先は、原則として、基準日(2014年1月1日)において住民登録がされている市町村。

相模原市からのお知らせ

「子育て世帯臨時特例給付金」の制度の概要や具体的な給付の方法につきましては、今後、広報さがみはら(4月15日号、5月15日号)への掲載や相模原市ホームページをご覧ください。なお、申請書は対象と思われる人に6月下旬から送られるそうです。

子育て世帯臨時特例給付金(厚生労働省)
2つの給付金の対象者診断チャート(厚生労働省)

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.