2014年7月28日

2014大船渡プロジェクト(3・最終)

大船渡も相模原も、心は一つ ~届けた笑顔とみんなの思い~

7月19日に、岩手県大船渡市宮田仮設団地で、「復興支援住宅デー」を開きました。相模原支部から28人、座間海老名支部から2人、相模労連・まちださがみ総合法律事務所から4人、現地で「全建総連けせん建設職組合」の仲間ら14人とも合流し、下駄箱41個、ごみ置き場の扉設置、子供工作、模擬店、散髪、法律・労働相談などをしました。駅頭募金を始め、多くの参加・協力をいただいたみなさん、ありがとうございました。みんなの思い、現地に届けました。

駅頭募金など、現地に届けた

駅頭で市民のみなさんからお預かりした募金など114,169円を大船渡市と宮田仮設団地に現地に届けました。

 

復興住宅デーニュース第10号は、こちらをクリック

おきたま産直センターは、こちらをクリック

支援米2キロを全家庭に

相模原支部とも付き合いのあるおきたま産直センターが、今回の取り組みに賛同していただき、全所帯分の支援米をいただきました。留守宅もありましたが、みなさん喜んでいただきました。

ごみ置き場に扉をつけた

現地の全建総連の仲間と一緒に作業。一緒にやると、励みになるさ~。

やっぱり子供工作は楽しいね

 

最後に・・・

また来年いくよ~。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.