2014年8月11日

原告3人意見陳述「被害救済の判決を」

建設アスベスト訴訟神奈川原告団

~裁判引き伸ばしは許されない~

7月31日、建設アスベスト神奈川訴訟第2陣の第1回口頭弁論が横浜地裁で開かれました。法廷では、原告3人がアスベスト作業と被害の実態について、弁護士4人が主張や申告に関して意見陳述をしました。
一方、被告国も国の責任を認めた東京地裁判決を批判する意見陳述を行いました。この手の裁判では異例で、全国のアスベスト裁判で国の責任を認める判決が続き、国が追いつめられていることが現れています。

原告団ニュース第39号はこちらをクリック

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.