2008年8月8日

住宅瑕疵担保履行法

新築住宅の瑕疵担保履行に対する資力の確保(保険加入・保証金の供託)について定める「住宅瑕疵担保履行法」が成立し、来年十月一日以降に引渡しされる新築住宅は瑕疵担保保険等の加入、または法務局への供託が義務づけられます。なお、増改築業者も加入の有無でユーザーに選別されることも考えられるため、今後加入が必須になると思われます。

参加者の声

 高い供託金…。これでは「私たち極小企業には新築工事は受注できない」と思っていました。でも学習会に参加して「保険」という制度もあることを聞き、これならば大丈夫と安心しました。供託に比べれば、安い掛け金で一回のみ払えば十年間保障してくれるんですもんね。また、オプションでリフォーム等に適応する保険もあることを知りました。私と同じような疑問を持っている方もいらっしゃるかと思います。機会があればこういった学習会に参加されると良いと思います。

今後の日程

8月27日(水)19時30分~/横須賀三浦支部
9月12日(金)19時~/川崎中央支部
10月開催予定/西相支部
なお、各会場とも予約が必要です。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.