2015年8月6日

1,600人が反対の声(「ストップ戦争法」7.31大集会inさがみはら)

相模大野中央公園に1,600人集まる

7月31日(金)、「戦争法案はなんとしても廃案に」と相模大野中央公園に1,600人の市民が集まりました。相模原支部からは97人が参加しました。団体としてでない個人の参加が多くてビックリです。「近いから初めて来た」という人も何人もいました。

藤井裕久さんの講演は迫力

▲相模原選出で民主党幹事長などを務めた藤井裕久さんは、「安倍政権の暴走を止め、法案を廃案に」と訴えました。また、もとむら賢太郎衆議院議員(民主)、畑野君枝衆議院議員(共産)、金子豊貴男相模原市議(社民)からあいさつと訴えをいただきました。この集会に、国会議員2人、県議会議員3人、市議会議員11人の参加がありました。

 

アピールウォーク

集会後、「戦争イヤだ」「アベ政治を許せない」などプラカードを持って「安保法制反対」を訴え相模大野駅まで行進しました。

 

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.