2008年10月10日
[ 未分類 ]

入っていてよかった神奈川土建

土建に入り続けてきてよかった

 主人が去年八月に胃がんを宣告されてから苦しい闘病生活が始まりました。十回の入院生活でしたが、八月中に帰らぬ人となってしまいました。でも、辛い治療にも明るく強い前向きな気持ちで病気と向き合いがんばりました。「土建に入っていて本当によかった」という言葉を口癖のように何度も言っていました。
 その一つは、医療費の心配がまったくいらなかったことです。まともに払っていたら、何百万円とかかる金額だったのですから、心の底からありがたく、そして感謝しています。国保組合や土建組合からお見舞金・傷病手当金も満足するほどいただき、日常生活も困らず、亡くなってからも、団体生命共済をいただき、本当にありがたく思っています。今でも、日常生活の中で、本当に土建に入り続けてきてよかったという思いがつのる今日この頃です。いろいろと親切に教えてくれた分会役員のみなさん、書記局のみなさんにお礼を申し上げます。神奈川土建に脱帽です。本当にありがとうございました。

未分類の目次に戻る / お問い合わせ・加入申込はこちら
Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.