2015年12月18日

『北央医療』新年号の取材うける

北央医療

つくろう笑顔のネットワーク

 相模原に拠点がある北央医療生協(神奈川北央医療生活協同組合)の機関紙『北央医療』の新年号の取材がありました。相模原支部も、組合員ふやしの協力をしていきます。

気の合う仲間と健康づくり

 ひとりではなかなか踏み出せない健康づくり。でも、気の合う仲間が三人あつまったら、続けていけそう。医療生協組合員の最大のメリットである「班」。尿チェックや血圧測定、時にはハイキングを企画したり、専門家を呼んで学習会を開くこともでき、多彩な内容で楽しみも広がります。

年1回は健康診断を受けよう

 健康づくりの欠かせないのが定期的な健康診断。年1度は専門家の手を借りて、体のメンテナンスを。自治体健診をはじめ、組合員健診、事業所健診、被爆者健診なども積極的に取り組んでいます。
 また、若いお母さんを対象とした保育月健診もスタートしています。

体調が気になるときは相談を

 北央医療生協の事業所は4つ。体調が気になるときはぜひ相談を。さがみ生協病院、あつぎ診療所ではまず、。医療への玄関口でありたいと考えています。また、さがみ生協病院の眼科では手術部門に力を入れ、入院も受け入れています(差額ベット代はいただいていません)。

北央医療生協
住所:相模原市南区相模大野5-34-9
連絡先:042-748-2261

北央医療

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.