2009年3月17日

0902働きやすく夢の持てる現場にしよう

相模原支部PALを結成

相模原支部は、「建設現場を働きやすく・夢の持てる所にしよう」と2月24日夜、支部会館で総会を開き、『組合職長の会』(相模原支部PAL)を結成しました。出席者から「野丁場にとどまらず、新丁場、町場の分け隔てをせず、現場従事者の横のつながりと交流を深め、様々な情報交換をしていこう」「交流を先行させ、レクリエーション行事も開催しよう」などと、活発な発言があいつぎました。
本部から井上正勝副委員(神奈川土建PAL会長)が出席、激励のあいさつを頂きました。総会は、会長に竹島秀雄氏(相模台)を選出しました。

PALの会員募集

PALの会員が現場に複数存在することにより、現場の状況を大きく変える可能性が出来てきました。みなさんもぜひ、PALの会員に。詳しくは、分会役員まで。

相模原PAL結成総会

役員のみなさん

PAL(パル)とは・・・

Powerful Active Leaders(力強く、行動的な指導者たち)の略。野丁場の働く仲間の、情報交換・交流と要求実現のために活動しています。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.