2017年1月24日

2017春〝春の2大経営セミナー〟

2017年春の事業所対策として、2大セミナーを企画しました。
建設従事者が減少する中、2017年度の運用を目指して、建設従事者の社会保険加入、就労履歴(技能労働者の経験を蓄積するシステム)の開発が行われています。人材確保、人材育成は建設業にとって切実な課題です。 社会保険加入対策は、今年3月末まで残り数か月。社保加入・法定福利費確保、下請け対策等は、経営者の緊急の課題です。
2017春の事業所対策として、2大経営セミナー(「社会保険未加入及び法定福利費の別枠請求」、「労基法の基礎知識と厚生年金のメリット」)を企画しました。組合の内外を問わず、どなたでも無料でご参加いただけます(予約制)。

○労基法の基礎知識と厚生年金のメリット
○社会保険未加入及び法定福利費の別枠請求

①労基法の基礎知識と厚生年金のメリット
日時:2017年3月30日(木)19時~
受付開始:18時30分
場所:相模原産業会館
講師:西田博昭・社会保険労務士
大林組は、取引企業に、社会保険加入・未加入問わず、社会保険加入に必要な法定福利費を全額支払うことを決めました。昨年7月1日以降は未加入分も含め減額せず、加入促進支援として原資にしてもらうとし、対象は全国で同社が手がける建設土木すべての工事。
チラシ及び参加申込書はこちらをクリック

roukiho

②社会保険未加入及び法定福利費の別枠請求
日時:2017年4月3日(月)19時~
受付開始:18時30分
場所:相模原産業会館
講師:神奈川土建書記局
事業所役員として、労使間の3大トラブル(不当解雇、労災、未払い賃金)のうち、不当解雇と労災についてと厚生年金保険制度についての説明をしていただきます。。
社保加入、法定福利費確保、下請け対策は、経営者として緊急の課題です。
チラシ及び参加申込書はこちらをクリック

mikanyutaisaku

なお、社会保険未加入の対策や雇用保険対策など、3月いっぱいは、個別相談を随時受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.