2009年7月14日

090710全建総連中央総決起集会

まもれ!仕事・生活、建設国保の育成・強化

 100年に一度といわれる未曽有の建設大不況の中、私たちの仕事も暮らしも、待ったなしの状況が続いています。建設で働く私たちは、「建設不況打開・生活危機突破予算要求」を掲げ、7月10日に日比谷公園大音楽堂で集会を開きました。全国から7335人の建設従事者が集まり、相模原支部からも40人を超える仲間が集会・デモ行進に参加しました。

自民党、民主党、公明党、共産党、社民党、国民新党など各政党からあいさつがありました。

仕事よこせ、賃金あげろ、住宅の耐震改修をすすめろ

デモ行進に参加する仲間たち①

デモ行進に参加する仲間たち②

上鶴間分会から4人が参加しました。各政党のあいさつは、総選挙前ということで熱がこもり、予定時間を大幅に超えてしまいました。書記長提案・集会決議を採択して、東京駅までデモ行進をし、銀座の街でいきかう人にもアピールしました。久しぶりに参加した仲間は「熱くも寒くもなく天気もよく集会日和だ。建設不況のなか全国から多くの人が集まって驚いた」と話していました。

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.