2010年6月16日

100613市民もニッコリ にぎやかに住宅デー(速報2)

第33回住宅デー

梅雨入り前の13日の日曜日、神奈川県内でいっせいに住宅デーが開かれました、。相模原支部では、政令指定都市になってからは初めての住宅デー。市内19会場でにぎやかに取り組まれました。 

 一番賑やか大野台会場(大野台西分会、大野台分会)

▲模擬店も開かれる賑やかな会場【大野台西分会・大野台分会】

(若沼分会)

▲【若沼分会】

焼きそばも売って賑やかに(大野北分会)

▲早朝、分会の仲間が採ってきたザリガニつかみとお菓子のつかみ取りは無料で行ない、子どもたちに大人気。自治会の協力でチラシを回覧してもらったおかげで多くの来場者が訪れました。次々と持ち込まれた包丁とまな板の対応に、組合員と家族総勢29人でがんばりました。「また来年もやって欲しい」と地域のみなさんに喜ばれた住宅でーになりました。【大野北分会】

包丁以外も賑やかに(南大野分会)

▲【南大野分会】

駅前は交流量も多かった(上鶴間分会)

▲【上鶴間分会】

 クマも出没しました(麻溝台分会)

▲6月13日に第33回住宅デーを麻溝台自治会館で開きました。当日は、入梅前ということもあり、曇り空の中、地域のみなさんが、包丁やまな板を持って来場しました。来年義務化される火災報知器の取り付け相談も1件あり、近日中に対応します。【麻溝台分会】

会場変えたら来場者が減りました(相模台分会)

▲【相模台分会】

 飴のつかみ取り(津久井分会)

▲いっぱいつかめるかな(お菓子のつかみどり)【津久井分会】

【2010年6月13日】

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.