▽土建のメリット

もしものときの支え。建設労働者のための健康保険

建設国保

●本人医療費 家族入院医療費 実質10割給付●最高80日の傷病手当金を入院・通院とも支給●家族も無料で健康診断が受けられます

 

建設国保は家族も入院無料
家族入院償還制度があります。本人だけでなく、建設国保に家族として加入している方へ治療費が払い戻しされます。入院からおよそ3ヶ月後に本人の郵便口座に払い戻されます。
待機期間が3ヶ月あります(たとえば、建設国保に家族として7月に加入すれば、10月以降の入院分から払い戻し対象になります)。
実質本人医療費無料の健康保険

「せめて病気のときだけでも安心して治療に専念したい!」建設国保はこの仲間の願いに応えて、医療費自己負担分は後日、独自の払戻し制度で実質的な本人10割給付を追及しています。

本人・家族とも入院時に支払った保険診療分(3割負担)は払い戻します
(17,500円までは神建連共済より、超えた分は国保組合より払い戻し)
本人の通院時の自己負担(3割)は一部戻ります
1診療科目あたり1ヶ月3,000円を超えた金額は払い戻します

※家族は取得届出後4ヶ月目から払戻の権利が発生します

ワンポイント 保険料・給付内容で選ぶ

◎法人事業所の健保・厚生年金についてもご相談ください。

保険料と給付内容

傷病手当金等の給付金額は保険料によって違います。1ヶ月の保険料は30歳未満までは所得にかかわらず一律(初級または1級)30歳以上の方は所得によって決まります(2級から11級)

保険料 年齢及び所得と扶養人数で下記表のように算定します。(本人及び扶養者で30~65歳未満の方には介護保険料一人2,900円が加算されます。)
傷病手当金 本人が業務外及び第三者行為以外の、病気やケガで休業した場合に、下表の日額×休業日数(最高年度内80日分)が支給されます。
出産手当金 本人が女性で、加入して一年以上の方が出産したときの休業期間(産前40日、産後40日)に対して支給されます。

 

その他給付金
●出産育児一時金本人及び家族(扶養者)が出産した場合 420,000円
●葬祭費 本人 80,000円家族(扶養者)40,000円
●高額療養費
●移送費・海外療養費
●インフルエンザ予防接種助成
●入院時貸付制度 他…

 

Copyright (C) 2007 神奈川土建相模原支部 All rights reserved.